忍者ブログ

「この前の演奏があまりにひどかったので、
今日の練習は中止して、今後どうすべきか全体ミーティングします」

ジブリの作品の主題歌をカバーしようと試みる

部室から錆だらけの楽器が発掘される

コンクール課題曲の行進曲を運動会で演奏する

指揮に目覚める男子中学生

トラックにマレット類を忘れる

コンクール当日、学校にシンバルを忘れてくる

すっごい昔の譜面とか見たら 「トラムペット」とか「トロムボーン」「チムパニ」「小バス(ユーフォ)」

合奏でフォルテになったところでそれまで我慢していたおならを出す

体操服に着替えて練習

腹筋とランニングが毎日

ハーレムが嬉しいのは本当に最初の数週間だけ
あとは苦痛になるか慣れるだけ 
 
合奏中、笑いをこらえる

下手な運動部より体質が軍隊 

副顧問はコンクールと定期演奏会の当日以外部活と関わることがない

コンクール前に校長先生からの差し入れ

譜面台しっかりたててネジ確認したはずなのに、ガッシャーン。
 
コンクール前は部員がキレやすくなる

チューナーの電池なくす。 なくした電池が帰りのミーティングで「これ誰のー?」って出てくる。

遅れて合奏に入ると自分の位置に行くまで何人もの人に通路をあけてもらう事になる
 
金管パートと木管パートが対立すると打楽器パートが両パートの相談室みたいになる

アニオタ多い

コンクール前に指揮棒を折るほど怒る顧問

休憩中ピアノで遊ぶ

チューバを覗きの道具に使う。
 
少数の男子のほとんどが少しオカマが入ってる 

オロ〇ミンCの空き瓶に息吹き込んで音鳴らして遊んだりしたな。
うまく音が鳴ったら、
「おお!お前フルート吹けるぞ」

スライドホイッスルでお化けの音を真似する奴
木管と金管の人がティンパニの縁を触って怒られる

真面目に練習していない学校の方が部員同士の仲が良い

tpの上達の速度は人によって死ぬほど差がある

合奏中に「そんなんじゃ使い物になりませーん」 て言う顧問

演奏会前の合奏でうまくいかなかった時の「もう演奏会やめるか?」 て言う顧問

「チューバ」と書くべきか「テューバ」と書くべきかでちょっと迷う 

譜面台がいきなり下に「ガクーン!」
それで上にのってた譜面が「バラバラバラ~」
チューナーが落下して「バーン!」
中に入ってた電池が「コロコロコロ~」 
の最悪コンボ

合奏でピッコロ奏者の隣にいるとしばらく難聴になる

落としかけたスケッチブックを空中でつかもうとして破れる

チューバのミュートが高額なので
どっかの繊維工場から円錐形の段ボールの芯もらってきて手作りする

ピアノが弾けて絶対音感を持っている人は羨望の目で見られる

チューバ吹きが、「チューバって本当に必要なのかな…?」 と本気で悩み始める
 
顧問じゃない先生にチューナーをゲーム機と間違われて取り上げられる

木管 楽観的、明るい、性格ちょっと激しい

金管 ネガティブ、冷静、地味に面白い雰囲気

打楽器 いろんな人と仲いい、ノリがいい 

社会人になったら吹奏楽やってた事実を隠す

ユーフォの存在の薄さは異常 

「バスクラ入りますか?」

写真撮影でホルンはいつも楽器を頭にかぶる 

引退した後からカップルができはじめる 

自分の音を録音で聴くとやけにチンケに聴こえる
給食で定演の録音が流れた時にあれ俺こんな下手だったのかよと絶望

木管ストラップつけっぱのまま帰ってる人多い 

強豪校出て音大入ったら、音がうるさい、耳が出来てない、と教授にさんざんいびられ涙目

男は奴隷

先生が話した後の「はい!」のタイミングを全員で探る

2コ下の後輩とは仲が良い、1コ下の後輩とは仲が悪い

練習用のドラムスティックを、
業務用のラーメンスープ・うずら卵水煮・マッシュルームかなんか入ってた大きな缶に入れて保管している打楽器パート。

大学の吹奏楽部の部費の高さが異常








http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1290872533/l50
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1214374861/l50

PR





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

カラオケでとにかく盛り上がる曲教えてくれ




HN:
鈴幕府
性別:
非公開
趣味:
吹奏楽、オーケストラ
自己紹介:
楽器歴はトランペット、ユーフォ、ファゴット、オーボエ、アルトサックス。
オーケストラ、心理学、芸術などの要素を取り入れ、新しく本格的な音楽を作る。また、チームワークを大事に一人一人がもっと輝く、情熱を傾ける、感動するための音楽を目指す。吹奏楽の楽しさを伝えます。
2013/01/20 13:08:15