忍者ブログ

合奏中、自分の音だけ浮いて聞こえたり
なかなか周りの音と合わないといった経験はありませんか?





いろんな原因があると思います。

ピッチ(音の高さ)が周りと違う。
身も蓋もないですが、やはりほとんどの原因はこれです。
周りの音をよく聞く、そして自分の音をよく聞く事です。

例えば、二つの違う音を聞いた時
どちらの音が高くて、どちらの音が低いというのは
だいたい分かりますね。

それと同じ事なんです。
慣れてくると、同じ音内でも高い低いが判別できるようになってきます。

耳を鍛えるには、日ごろ聞くクセをつけるしかないです。
オルガンや、チューナーの音を鳴らす機能で、デュエットする練習を
してみましょう。

音が細い。

ピッチが合わないと思い、息を押さえてしまい
余計にピッチが合わなくなったということは無いですか?

これは10センチ四方の的に向かって
ドッチボールを投げるか、ゴルフボールを投げるかという状況に似てます。
太い音の場合、少々的からずれててもボールの端の部分は
何とかかすったりします。
しかしゴルフボールはどうでしょう。
的から少し外れた時点で、ハズレとなります。

息はたくさん入れなければいけません。
大切なのは、コントロールする能力です。

人気blogランキングへ
PR





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

カラオケでとにかく盛り上がる曲教えてくれ




HN:
鈴幕府
性別:
非公開
趣味:
吹奏楽、オーケストラ
自己紹介:
楽器歴はトランペット、ユーフォ、ファゴット、オーボエ、アルトサックス。
オーケストラ、心理学、芸術などの要素を取り入れ、新しく本格的な音楽を作る。また、チームワークを大事に一人一人がもっと輝く、情熱を傾ける、感動するための音楽を目指す。吹奏楽の楽しさを伝えます。
2013/01/20 13:08:15